リーフレット制作はわかりやすさが大事

Pocket

学校案内やお店の案内などで活躍するアイテムと言えば色々な物がありますが、リーフレット制作をするのも一つの良い方法です。宣伝で大事なのは、大勢の方にしっかりと内容を読んでもらうことですが、リーフレットは一枚の紙でできた印刷物ですから、気軽に読めるという嬉しさがあり、大きな宣伝効果が期待できます。 しかし、せっかく手軽なタイプの告知物であっても、その内容が良くなければ、読み進めても途中でそれをやめてしまう恐れもあります。そういったことがないようにするためには、わかりやすさを重視したリーフレット制作を行う必要があります。表面だけ読み取って終わりになるのと、すべて読んで終わりにするのとでは大違いです。 読み手の心を引きつけて最後まで読んでもらうことを意識したリーフレット制作をするには、メリハリのある構成が大切です。例えば、小さな文字ばかりで作られたものは読む時にストレスを感じます。また、ひたすら字ばかりが大量に続くような造りも読むのが大変で好ましい状態とは言えません。要は、読み手が読みやすくて、わかりやすい内容だと思ってもらうことが大切です。 字の種類や、色、大きさというものは自由に変えられるわけですから、変化をつけてメリハリを出します。時には箇条書きをしたり、重要なポイントを項目別にしてアピールするのも良いでしょう。 そして、大事なのが写真です。こういったものがあると雰囲気が良くなるものです。また、同じ効果が期待できるのがイラストです。 文章、写真、イラスト、こういった物をバランス良くレイアウトすることで、読んでいて楽しいという気持ちにさせることが重要と言えます。