リーフレット制作と配色のもたらす効果


リーフレット制作ではペラ物の印刷物のスペースの中に、必要な情報を収めていくかが宣伝効果の良し悪しを決めると言われています。 リーフレット制作と言うのは、限られたスペースに適度な量の文章、必要な写真やイラストなどをレイアウトしていく必要があります。 読み手となる人が、リーフレット制作をした印刷物を見た時、どのような事が記載されているのかなどを、時間をかけずに把握できるような工夫が大切です。 また、配色についてもリーフレット制作に置いて重要な要素を持つと言われているのです。 因みに、色による効果の内、一番人気があるのは透明感を持つ青色だと言われています。 青色と言うのは空や海をイメージする色でもあり、清潔感、落ち着いたイメージを連想させることからも、人気が高くなっているのです。 しかし、青一色だけではインパクトを与えるリーフレットにはなりません。 そこで必要となるのが配色であり、用紙全体に青色を使って、強調させたい部分は赤の文字色で、且つ書体を変えたり、フォントサイズを大きくするなどして制作することで読み手に対し、伝えたいことを明確にすることが出来るようになります。 尚、青色のリーフレットは海や水に関する業種などで利用されるケースが多く有ります。 例えば、旅行用のリーフレット、海鮮居酒屋などのチラシと言った分野で活用されるケースが多く有ります。 しかし、他の業種でも青色をベースに配色を行う事で、清潔感などを得られるリーフレット制作が可能になるのです。