リーフレットデザインにおけるフォントの大切さ

Pocket

広告や案内のための1枚刷の印刷物であるリーフレットは、
1枚の紙の中に伝えたい内容を盛り込む必要があります。
無論、記載する内容が消費者にとって魅力的なものになるよう文章を検討することもリーフレットデザインの重要な要素の一つですが、せっかく記載する内容を洗練させてのに、読みにくかったり、
文字に強弱が無く印象に残らなかったりしたら意味がありません。

リーフレットデザインを作るうえで、記載する内容を検討することと同じくらいその書体(フォント)の検討をすることも大切なことと言えます。
では、実際にリーフレットに適したフォントを考えるうえで大切なこととは何かと言うと、
まずは目的に応じたものを使い分けることです。

タイトルや本文など要素ごとに書体を変え、タイトルであれば強調し太くするなど、
すぐ目に入る書体を使うことが大切です。
一般的に、タイトルや見出しにはゴシック体、長文になる本文には明朝体が適していると言われています。
更にウェイトの大切さについても説明します。

ウェイトとは、文字の太さを指します。細い、標準、太いなど一つの書体を使う場合でも
このウェイトをかえることで、紙面に統一感を持たせつつ可読性をあげることが出来ます。
ウェイトの使い分けは、背景やフォントサイズによって見やすいものを使用することが重要です。
リーフレットデザインをするうえで、少し気を配ってみるとより良いリーフレットが作成出来ると思います。