リーフレットデザインの意味


会社や商品などを宣伝する方法には色々なものがありますが、お店の中での方法の定番とも言えるものに、チラシやパンフレット、リーフレットといったものがあります。チラシと言うと大きな紙に魅力的な情報がビッシリと書いてあり、パンフレットは冊子になっていて、情報量が豊富で読み進めて行く楽しみがあります。どれもそれぞれ良さがあるので、上手く使い分けたいところですが、リーフレットもかなり優れた点があります。
ちなみに、リーフレットデザインの意味ですが、リーフとは「一片の葉」といった意味があり、1枚の紙に印刷された物ですが、チラシと違うのは2つ折りや3つ折りにたたまれた形が主流であることです。この独特の形状がリーフレットデザインの大きな魅力です。
表紙があって、内容があって、というメリハリのある作りが実現できて、本のようなとじる処理がまったくされていないにも関わらず冊子の雰囲気を出せます。
折り目の部分を境にして複数のページを作ることもできますし、大きな見開きのページにしてみることもでき、自由度が高いです。
このように、情報の伝えやすさはもちろんのこと、見た目におしゃれさがあるのがリーフレットデザインの魅力です。紙質も厚手の物が使用されているため、高級感もあります。
「一片の葉」というだけあって、たたんだ時にはとてもコンパクトなサイズになり、横幅は10センチほどですから、店頭に置いておくのにも邪魔にならず、スペースを有効活用できます。